車 買い替え

「車の買い替えサイクルは3年」は嘘?

 

車を買い替えるべきか?そのまま乗り潰すべきか?
迷いますよね。
このサイトでは、車を買い替えるべき基準をお伝えします。

 

 

まず基準の1つが年数です。
買い替えのサイクルは、
平均して何年くらいになっているのでしょうか。

 

以前は車の買い替えサイクルといえば3年と言われたことがあります。
しかし、近年、買い替えサイクルは長くなっています。

 

過去は3年で買い替えを行っていた人も、
5年になり、7年になりと徐々に長くなり、
今では平均10年というのが買い替えサイクルだと言われています。

 

買い替えサイクルが伸びた原因は、
車が故障しずらくなったことです。
昔に比べて、車の性能は格段に向上しているので、
なかなか故障しにくくなってきているんです。


車を買い替えるべき走行距離とは?

 

最近の車は故障しにくいため、走行距離が伸びても普通に乗る事ができます。

 

昔は10万キロを超えるとタイミングベルトの交換が必要でしたので、
10万キロを目安に車の買い替えをする人が多かったです。

 

しかし、最近では、タイミングベルトがタイミングチェーンに変わり、
基本的には交換の必要がなくなったため、
10万キロを過ぎても問題なく乗っている人が
ほとんどです。

 

では、どれくらいの走行距離で車を買い替えるべきなのでしょうか。

 

 

買い替えるのはタイミングベルトだけではない

 

車は消耗品ですので走れば走るほど、部品は摩耗していきます。
そのいい例がタイヤです。タイヤは走るほど減っていきますよね。

 

タイヤ以外だと、プラグとコイルの劣化が挙げれます。
およそ10万キロでプラグとコイルの交換が必要になる
いわれています。

 

時間の経過とともに、プラグとコイルはエンジン内で酷使され、すり減ってしまいます。

 

プラグとコイルが悪くなると、エンジンチェックランプが点灯し、
さらには40キロくらいの速度までしか出なくなりますので、とても怖いのです。

 

このように、
10万キロを境に、プラグやコイルあんど小さな部品の交換が必要になってくると言えるでしょう。

 

 

車の買い替えは今も昔も10万キロ

 

昔より車の性能があがっているとはいえ、
10万キロを境に小さな部品交換が必要になってしまうことから、
今も昔も買い替えの目安は10万キロだと言えるでしょう。

 

また、小さい部品の交換が必要になるという事は、
10万キロ酷使されてきた足回りなどにも徐々に傷み始めるサインでもあります。
小さい部品の交換の後には必ず大きな修理が必要になってきます。

 

さらに、メンテナンスノートに記載されているオイル交換の目安などは、
10万キロが目安になっている事と、延長保証なども10万キロとなっていますので、
やはり10万キロを目安に買い替えを検討するがよいといえます。


お得に車を買い替える方法

 

車を買い換えるのはお金がかかるから、
乗り潰そうと思っている方は多いです。

 

しかし、本当に乗り潰すのが正解なのでしょうか。

 

今の車は故障しずらいとはいえ、
あくまで車は”消耗品”です。
乗れば乗るほど擦り減っていき、
部品交換が必要となったり、あちこちにガタがでるでしょう。
また、無理して乗り潰そうとすると、
予期せぬ故障や事故に巻き込まれるリスクもあがります。

 

もし買い替えるのと乗り潰すのが、金銭面で大差ないなら
買い変えた方がいいです。

 

 

では、どうすればお得に車を買い替えることができるのでしょうか。

 

多くの人は古い車をディーラーに下取りに出して、
新車購入の割引にあてようとします。
しかし、この方法が一番損をするやり方です。

 

というのも、ディーラーは本来の価値よりも、はるかに安く買い取っているからです。
本来、50万円で売れただろう車を、
たった10万円で買い取っているというケースも珍しくありません。

 

ディーラーではなく、車買取業者に出せば、
高価で買い取ってくれます。

車買取屋は、中古車を売るルートをいろいろ持っているため、
少々高くても買い取ってくれるのです。

 

さらに、車買取業者は1つだけでなく複数の業者に
査定に出すのがおすすめです。

 

1つの業者だけだと足元を見られて安く買い取られてしまうことがありますが、
複数の業者に一括査定にだせば、業者間で競争が起きるので
高い値段で売れます。

 

リクルートが運営する「カーセンサー」なら、
スマホやパソコンですぐに一括査定に申し込むことができます。
利用は無料なので、試してみてはいかがでしょうか。

 

 


車買い替えの手続きをわかりやすく説明!

 

※ここからは、買い替えの手続きについて説明します。

 

基本的に、車を買い替える場合の手続きは車屋さんが
行ってくれます。

 

しかし、自分で手続きが必要になることがいくつかありますので、
ご紹介します。

 

 

車庫証明を取得する

 

車を買い替える場合に必要になるのが、車庫証明書ですよね。

 

この車庫証明書は警察署内の交通委員会が運営している車庫係にて、
書類を提出しなければ取得する事はできません。

 

車庫証明書を習得する手続きには、
車庫証明申請書と保管場所権原疎証明書(自認書)もしくは使用承諾証明書、
保管場所の配置図そして、配置図周辺の地図が必要です。

 

この書類を揃えて、2千750円分の印紙を貼って窓口に提出する事で手続きができます。

 

中1日もしくは中2日後に窓口に行き
車庫証明書を受け取り車屋さんへ持って行きましょう。

 

 

買い替え時に自分でするもう一つの手続き

 

車を買い替えた場合にやるべき手続きはもう一つあります。

 

それは、任意保険の所領入れ替え手続きです。

 

車を買い替えた場合には、他の手続きは車屋で基本的にしてくれますが、
任意保険だけは基本的に自分でしなくてはいけません。

 

任意保険の手続きには車検証情報が必要になりますので、
車を登録した後でなければ手続きはできません。

 

営業マンに車検証ができたら教えてほしいと伝えておくと良いでしょう。

 

もしも相手している営業マンが気の利いた人であれば、
その一言で、車両入替の事だと推察してくれますので、
営業マンから保険の代理店とやり取りをしてくれることもあります。

 

ここで、気を付けておかなければいけないのが、
納車日を確実に把握しておくということです。

 

そうしなければ、納車日とのズレが生じてしまい、
納車前に車両入替がされてしまうと、
古い車に保険が掛かっていない状態で乗っておかなければならない
等の不具合が出てしまいます。

 

まれにそのような時に事故にあう人もいるので、
確実に納車の日時を営業マンと打ち合わせをしておく必要があるのです。

 

もしズレが生じていると、
事故をしてしまった時に保険が使えない等、
最悪の状態になってしまいますので注意が必要ですよ。

 

 

※車を買い替えするなら、まずは一括査定サービスで見積もりしましょう。
↓↓