車買い替え ローン残金

車買い替え※ローン残金がある場合の手続き

 

車買い替えようかなと思ってみたものの、
車を購入した際にクレジットで購入していて、
まだまだローン残金を支払いをしているという方も多いですよね。

 

そんな、状況で車を買い替えようと思ってしまっても、
またクレジットを利用する事になりかねませんので、
クレジットの審査が通るかどうかが心配ですよね。

 

そんな時にどのようにして、車を買い替えれば良いのでしょか。

 

今回は、
クレジットが残っている場合の車の買い替えに関して必要な手続きをご紹介いたします。

 

支払いが完了していないと所有権が抜けない

 

ご存知かもしれませんが、クレジットの返済が残っていると、
クレジット会社から所有権解除の書類が送付してもらえませんので、
所有権を抜く事ができません。

 

この為、クレジットの返済が残っていると買い取り業者も買い取りはしてくれますが、
買い取り金を振り込んではくれませんので注意しましょう。

 

しかしこの所有権解除の書類を送付してもらうには例外もあります。

 

例えば事故などによってやむを得ず廃車をしなければいけない時などです。

 

条件はありますが、クレジット会社と念書を交わす事で、
所有権解除用の用紙をもらう事ができますので、廃車をする事ができるようになります。

 

しかしこれは特別な場合ですので、買い替えなどを理由では書類はもらえません。

 

どうしたら買い替えが可能になるか

 

特別な理由がない限り所有権解除ができないとお話しましたが、
この他にも所有権解除の書類を手に入れる方法はあります。

 

それは、クレジットを一括して返済するという方法です。

 

それができたら悩んでいないと声が聞こえてきそうですが、
実は一括をする方法があるのです。

 

その方法とは、ディーラーに下取りとして出すという方法です。

 

これだけでは、一括できない事も多いのですが、
下取り査定額と残債が分かっていれば、値引きなどを利用して残債をゼロにできるのです。

 

更に買い取り業者と違うのは、
クレジット会社との綿密な取引があるため、
一括の振り込みもディーラーからしてもらう事ができますので、
お金を用意する必要はありません。

 

さらにクレジット会社も残債を一括するという条件であれば審査もOKとしてくれますので、
念願の車を購入する事ができるのです。

 

この様に、クレジットが残っていても車を買い替える方法はありますので、
欲しい車があるのであれば、迷わずにディーラーで相談してみてはいかがでしょうか。

 

きっと知識豊富な営業マンが相談に乗ってくれる事でしょう。