車買い替え 税金

車を買い替える際の税金対策まとめ

 

車買い替えようかなと思っても、
自動車税を払ってしまった為勿体ないなと思い、
買替に踏み出せずにいる方もいらっしゃいますよね。

 

しかし、自動車税は返金される事があるとご存知でしょうか。

 

正確には、登録自動車(普通車)に限り自動車税の返金が受けられるという事なのです。

 

しかし、これにはいくつか条件がありますし、
買い替える時期によっては返金されない事もあります。

 

また買い替える時期によっては税金面で損をしてしまいますので、注意が必要です。

 

自動車税が返金される為に

 

自動車税の返金を受ける場合には、一時抹消や永久抹消をされた車に限るのです。

 

例えばディーラーの営業マンから、車検1年残った状況で買い替えの提案をされて、
買い替えをしたとしましょう。

 

しかし、ここで安心しきっておくと永久抹消や一時抹消をしてくれず、
税金の返金措置を受けられない事があります。

 

というのも、ディーラーなどの車屋は、
車検が残っている車は名義変更だけを行い再販をしてしまう事が多いからです。

 

一時抹消や永久抹消がしてもらえるかどうかという事は、まず契約時に確認するようにしましょう。

 

そこで、もしも名義変更だけしか行わない場合には、
営業マンに「税金はどうなりますか」と確認する事で、
お店側から返金をしてもらう事ができる事もあります。

 

3月に抹消しても返金は無い

 

3月に一時抹消や永久抹消をしても返金はありません。

 

これは、自動車税の返金が1年分の税金を月割りで返金する物のため、
3月に抹消しても返金はされないのです。

 

この様に抹消をする時期でも、税金が返って来なかったりと損をしてしまう事がありますので、
注意が必要です。

 

しかし、税金の返金は無くても3月中に抹消するメリットはあり、
3月に抹消しておく事で、来期分の税金は課税されません。

 

例えば納車が3月末になりそうな時には、年度末で抹消が間に合わない可能性があり、
次の年度に新しい車と今まで乗っていた車の2台分の税金を支払う可能性があります。

 

なので、3月末が納車となりそうな場合には、
3月中旬ごろに抹消できるように先に手放しておく必要がありますので、注意が必要です。

 

場合によっては返金されない

 

しっかり抹消をすると基本的には、勝手に返金されるのですが、
地方税などを滞納していると、そちらに補填されて返金がされないなんて事もあります。

 

なので、車を抹消する前には、滞納がある方は、
必ず滞納している税金を綺麗にしておく事をお勧めします。