車買い替え 書類

車を買い替えた時の必要書類まとめ

 

車買い替えたはいいけれど、
書類は何と何を準備したら良いのかわからなくなる事ってありますよね。

 

契約時に、必要書類の説明が営業マンからあったけれど、
契約の時は契約したこと自体がうれしくて、話を聞いていなかった方もいらっしゃるでしょう。

 

または、契約の時話は聞いていたんだけど、
時間が経って何が必要かわからなくなったなんて方もいらっしゃいますよね。

 

しかし、契約の時にしっかり説明をしてもらったのに、
今更何が必要でした?なんて聞けませんよね。

 

そんな方の為に、今回は車を買い替えた時に必要な書類についてご説明いたします。

 

買い替えの時に必要な書類はそんなに多くない

 

車を買い替えるにあたって準備する書類って実はそんなに多くはありません。

 

しかし、登録自動車(普通車)と届け出車(軽自動車)では
書類が若干違う為混乱をよんでしまうようなのです。

 

基本的に、車を買い替える場合には、
新しい車用の書類と今まで乗っていた車用の書類とを揃える必要があります。

 

例えば購入した車が登録自動車(普通車)の場合でも、
現金購入かクレジット購入下でも書類が変わってきます。

 

現金で購入する場合には、印鑑証明と委任状が必要ですが、
クレジット購入の場合には住民票と委任状で良いのです。

 

この様に買い方によっても違うのですが、
更に届け出車(軽自動車)の場合は、クレジット購入でも、現金購入でも
住民票とOCRシート、重量税の申請用紙が必要です。

 

OCRシートや重量税の申告書などは、車屋さんやディーラーに用意してありますので、
基本的に住民票を用意しておけば大丈夫ですね。

 

また、この場合の印鑑証明書や住民票は期限が決まっており、
取得した日から3ンか月間しか使えませんので注意が必要です。

 

また、登録自動車(普通車)を購入した際には、
車庫証明書が必要になりますので忘れずに準備をしましょう。

 

車庫証明を取るのに、書類が必要

 

車庫証明書と一言で言っても、車庫証明書を取るにも、書類が必要なのです。

 

車庫証明書を取るのに必要な書類は、車庫証明申請書、駐車場の配置図、配置図左側に
警察署から駐車場までの地図を書かなければいけません。

 

しかし、この地図に関してはマピオンやグーグルマップで駐車場周辺の地図が印刷できれば、
その地図を添付すると問題ありません。

 

また、駐車場が自分の土地か他人の土地かで、
使用場所権原疎証明書(自認書)か保管場所使用承諾証明書のどちらかが必要となりますので、
車庫証明を申請する前に事前に準備しておきましょう。

 

基本的に、車庫証明書に関する書類は、最寄りの警察署で貰う事ができますよ。