車 買い替え 保険

車を買い替えたときの保険の手続きまとめ

 

車を買い替えって人生で数えるほどしかないのではないでしょうか。

 

そんな中、ずっと欲しかった車に買い替えたなんて時は喜びも最高潮で、
納車が待ち遠しく感じてしまいますよね。

 

しかし、車を買い替えた場合に必ずやっておかなくてはいけない事があるのです。

 

それが保険なのですが、自賠責ではなく任意保険です。

 

任意保険は義務ではありませんがマナーとして加入しておくべきまのですが、
嬉しさのあまり新しい車に移し忘れたなんて事が無いように、
今回は車を買い替えた際の保険の手続きについてご紹介いたします。

 

納車前には車両入替を

 

保険を古い車から新しい車に移し替える事を車両入れ替えと言います。

 

この車両入替ですが、本人様などからの申し出が無い場合には実行されることはありません。

 

なので、必ず新しい車の納車日には車両入替の手続きを完了または
手続きをしたい意思を伝えておくことが大切です。

 

この車両入替をしていない状態で、乗ってしまい事故を起こしてしまうと、
当然保険は使えませんので、折角の新しい車が修理をできない状態になってしまうのです。

 

そんなことになってしまわないように、
必ず納車前には車両入替をして納車に挑みましょう。

 

納車前の車両入れ替え方法

 

納車前という事でまだ車検証は手元に来ていませんよね。

 

車検証が無いと車の情報がわからない為、車両入れ替えができません。

 

そこで、車屋さんに連絡をして車検証のコピーが欲しいと伝える事で
事前に車検証情報を入手する事が出来、これを保険代理店に持って行くと車両入替ができるのです。

 

しかし、ここで注意が必要なのが、
納車の日付と時間をしっかり確認してから車両入替をしなくてはいけないという事です。

 

なぜかと言うと、車両入替をしてしまうと、今までの車は保険の対象から外れてしまいます。

 

その為、納車までに乗っていようと思っていても、
納車日前に車両入替をしてしまうと、その間は無保険状態になり,
かなりのリスクを負う事になってしまうからなのです。

 

また、その辺の事で、不安であれば保険代理店に車を買い替える旨と、
車屋の連絡先を伝えた上で、保険代理店から車屋へ連絡をしてもらい、
車両入替の段取りをしてもらうとより安心して乗る事ができるかもしれません。

 

中には、気の利いた営業マンがいて、
「納車前に保険代理店へ車検証情報をFAXしておきましょうか」
などという提案をしてくれる事もありますので、
車を契約する際には保険代理店のFAX番号も控えていくとそのような場合に
すぐに依頼できるのでい安心ですよ。